自分の書く文字が本当に嫌になった

一般的にたくさん文字を書くのは、学生時代です。自分もそうですが、社会人となり責任ある立場になると書いた文字も人目につくことも多くなりました。大人になれば字がきれいになっていくとなんとなく思っていましたが、何も変わらず学生時代と同じ汚い文字です。なので思い切ってペン字教室に通うことにしました。たしかにパソコンの普及で文字を書く機会はグッと減りましたが、やはりまだまだ筆記は重要です。通信講座も受けてみましたが、なかなか続けることができず断念。知り合いがペン字教室に通っていると聞きそこに通うことにしました。その知り合いは3年程通っているらしくかなり字が上手です。自分もそうなるかかなり不安ではありますが、今のところ一生懸命に勉強をしております。それがひさびさの勉強でとても楽しいんです。字を書いてこんなに楽しい時間は初めてでまさに時間を忘れるように毎日書いてます。まだまだ上手になった実感はないけれど、頑張って継続して誰が見てもうまい字になりたいと強く願う今日この頃です。